Bashで文字列の配列をループしますか?

2012年01月16日に質問されました。  ·  閲覧回数 1.3M回  ·  ソース

Mo. picture
2012年01月16日

15個の文字列(おそらく配列?)をループするスクリプトを書きたいのですが、それは可能ですか?

何かのようなもの:

for databaseName in listOfNames
then
  # Do something
end

回答

anubhava picture
2012年01月16日
2543

次のように使用できます。

## declare an array variable
declare -a arr=("element1" "element2" "element3")

## now loop through the above array
for i in "${arr[@]}"
do
   echo "$i"
   # or do whatever with individual element of the array
done

# You can access them using echo "${arr[0]}", "${arr[1]}" also

複数行の配列宣言でも機能します

declare -a arr=("element1" 
                "element2" "element3"
                "element4"
                )
4ndrew picture
2012年01月16日
831

もちろん、それは可能です。

for databaseName in a b c d e f; do
  # do something like: echo $databaseName
done 

詳細については、 Bash Loops for、while、untilを参照してください。

caktux picture
2014年03月16日
218

それらの答えのどれもカウンターを含んでいません...

#!/bin/bash
## declare an array variable
declare -a array=("one" "two" "three")

# get length of an array
arraylength=${#array[@]}

# use for loop to read all values and indexes
for (( i=1; i<${arraylength}+1; i++ ));
do
  echo $i " / " ${arraylength} " : " ${array[$i-1]}
done

出力:

1  /  3  :  one
2  /  3  :  two
3  /  3  :  three
abc picture
2017年09月12日
174

はい

for Item in Item1 Item2 Item3 Item4 ;
  do
    echo $Item
  done

出力:

Item1
Item2
Item3
Item4

スペースを節約するため。

for Item in 'Item 1' 'Item 2' 'Item 3' 'Item 4' ;
  do
    echo "$Item"
  done

出力:

Item 1
Item 2
Item 3
Item 4

複数行にわたってリストを作成するには

for Item in Item1 \
            Item2 \
            Item3 \
            Item4
  do
    echo $Item
  done

出力:

Item1
Item2
Item3
Item4


単純なリスト変数

List=( Item1 Item2 Item3 )

または

List=(
      Item1 
      Item2 
      Item3
     )

リスト変数を表示します。

echo ${List[*]}

出力:

Item1 Item2 Item3

リストをループします。

for Item in ${List[*]} 
  do
    echo $Item 
  done

出力:

Item1
Item2
Item3

リストを調べる関数を作成します。

Loop(){
  for item in ${*} ; 
    do 
      echo ${item} 
    done
}
Loop ${List[*]}

技術的には配列と呼ばれるリストを作成するためにdeclareキーワード(コマンド)を使用します。

declare -a List=(
                 "element 1" 
                 "element 2" 
                 "element 3"
                )
for entry in "${List[@]}"
   do
     echo "$entry"
   done

出力:

element 1
element 2
element 3

連想配列を作成します。

declare -A continent

continent[Vietnam]=Asia
continent[France]=Europe
continent[Argentina]=America

for item in "${!continent[@]}"; 
  do
    printf "$item is in ${continent[$item]} \n"
  done

出力:

 Argentina is in America
 Vietnam is in Asia
 France is in Europe

リストへのCVS変数またはファイル
内部フィールドセパレータをスペースから必要なものに変更します。
以下の例では、コンマに変更されています

List="Item 1,Item 2,Item 3"
Backup_of_internal_field_separator=$IFS
IFS=,
for item in $List; 
  do
    echo $item
  done
IFS=$Backup_of_internal_field_separator

出力:

Item 1
Item 2
Item 3

それらに番号を付ける必要がある場合:

` 

これはバックティックと呼ばれます。 コマンドをバックティック内に配置します。

`commend` 

キーボードのナンバーワンの横またはTabキーの上にあります。 標準的なアメリカ英語のキーボード。

List=()
Start_count=0
Step_count=0.1
Stop_count=1
for Item in `seq $Start_count $Step_count $Stop_count`
    do 
       List+=(Item_$Item)
    done
for Item in ${List[*]}
    do 
        echo $Item
    done

出力は次のとおりです。

Item_0.0
Item_0.1
Item_0.2
Item_0.3
Item_0.4
Item_0.5
Item_0.6
Item_0.7
Item_0.8
Item_0.9
Item_1.0

洗面台の動作に慣れること:

ファイルにリストを作成する

cat <<EOF> List_entries.txt
Item1
Item 2 
'Item 3'
"Item 4"
Item 7 : *
"Item 6 : * "
"Item 6 : *"
Item 8 : $PWD
'Item 8 : $PWD'
"Item 9 : $PWD"
EOF

リストファイルをリストに読み込んで表示します

List=$(cat List_entries.txt)
echo $List
echo '$List'
echo "$List"
echo ${List[*]}
echo '${List[*]}'
echo "${List[*]}"
echo ${List[@]}
echo '${List[@]}'
echo "${List[@]}"

BASHコマンドラインリファレンスマニュアル:シェルに対する特定の文字または単語の特別な意味。

dajon picture
2014年01月17日
110

4ndrewの答えと同じ精神で:

listOfNames="RA
RB
R C
RD"

# To allow for other whitespace in the string:
# 1. add double quotes around the list variable, or
# 2. see the IFS note (under 'Side Notes')

for databaseName in "$listOfNames"   #  <-- Note: Added "" quotes.
do
  echo "$databaseName"  # (i.e. do action / processing of $databaseName here...)
done

# Outputs
# RA
# RB
# R C
# RD

B.名前に空白はありません:

listOfNames="RA
RB
R C
RD"

for databaseName in $listOfNames  # Note: No quotes
do
  echo "$databaseName"  # (i.e. do action / processing of $databaseName here...)
done

# Outputs
# RA
# RB
# R
# C
# RD

ノート

  1. 2番目の例では、 listOfNames="RA RB R C RD"ても同じ出力になります。

データを取り込む他の方法は次のとおりです。

stdinから読む

# line delimited (each databaseName is stored on a line)
while read databaseName
do
  echo "$databaseName"  # i.e. do action / processing of $databaseName here...
done # <<< or_another_input_method_here
  1. bash IFSの「フィールドセパレータから行」[ 1 ]区切り文字をスクリプトで指定して、他の空白を許可することができます(つまり、 IFS='\n' 、またはMacOS IFS='\r' )。
  2. 受け入れられた回答も気に入っています:)-質問に回答する他の役立つ方法として、これらのスニペットを含めました。
  3. スクリプトファイルの先頭に#!/bin/bashを含めると、実行環境を示します。
  4. これを簡単にコーディングする方法を理解するのに数ヶ月かかりました:)

その他のソース(読み取りループ中

Fizer Khan picture
2014年02月17日
45

${arrayName[@]}の構文を使用できます

#!/bin/bash
# declare an array called files, that contains 3 values
files=( "/etc/passwd" "/etc/group" "/etc/hosts" )
for i in "${files[@]}"
do
    echo "$i"
done
tckmn picture
2018年08月11日
33

まだ誰もこれを投稿していないことに驚いています-配列をループしているときに要素のインデックスが必要な場合は、次のようにすることができます:

arr=(foo bar baz)

for i in ${!arr[@]}
do
    echo $i "${arr[i]}"
done

出力:

0 foo
1 bar
2 baz

これは、「従来の」forループスタイル( for (( i=0; i<${#arr[@]}; i++ )) )よりもはるかにエレガントだと思います。

${!arr[@]}$iは単なる数字であるため、引用する必要はありません。とにかく引用することを提案する人もいますが、それは個人的な好みです。)

Treethawat Thanawachiramate picture
2015年07月03日
21

これも読みやすいです:

FilePath=(
    "/tmp/path1/"    #FilePath[0]
    "/tmp/path2/"    #FilePath[1]
)

#Loop
for Path in "${FilePath[@]}"
do
    echo "$Path"
done
F. Hauri picture
2017年12月05日
9

スクリプトまたは関数の暗黙的な配列:

anubhavaの正解に加えて:ループの基本的な構文が次の場合:

for var in "${arr[@]}" ;do ...$var... ;done

には特別なケースがあります:

スクリプトまたは関数を実行すると、コマンドラインで渡された引数[email protected]配列変数に割り当てられ、 $1$2$3アクセスできます。 、 等々。

これは、(テスト用に)次の方法で入力できます。

set -- arg1 arg2 arg3 ...

この配列のループは簡単に書くことができます:

for item ;do
    echo "This is item: $item."
  done

予約済みの作業inは存在せず、配列名も存在しないことに注意して

サンプル:

set -- arg1 arg2 arg3 ...
for item ;do
    echo "This is item: $item."
  done
This is item: arg1.
This is item: arg2.
This is item: arg3.
This is item: ....

これはと同じであることに注意してください

for item in "[email protected]";do
    echo "This is item: $item."
  done

次に、スクリプトに

#!/bin/bash

for item ;do
    printf "Doing something with '%s'.\n" "$item"
  done

これをスクリプトに保存しますmyscript.shchmod +x myscript.sh 、次に

./myscript.sh arg1 arg2 arg3 ...
Doing something with 'arg1'.
Doing something with 'arg2'.
Doing something with 'arg3'.
Doing something with '...'.

関数でも同じ:

myfunc() { for item;do cat <<<"Working about '$item'."; done ; }

次に

myfunc item1 tiem2 time3
Working about 'item1'.
Working about 'tiem2'.
Working about 'time3'.
nroose picture
2016年03月20日
7
listOfNames="db_one db_two db_three"
for databaseName in $listOfNames
do
  echo $databaseName
done

あるいは単に

for databaseName in db_one db_two db_three
do
  echo $databaseName
done