WPFバックグラウンドワーカーの使用方法

2011年03月30日に質問されました。  ·  閲覧回数 179.2k回  ·  ソース

Eamonn McEvoy picture
2011年03月30日

私のアプリケーションでは、一連の初期化手順を実行する必要があります。これらの手順が完了するまでに7〜8秒かかり、その間にUIが応答しなくなります。 これを解決するために、別のスレッドで初期化を実行します。

public void Initialization()
{
    Thread initThread = new Thread(new ThreadStart(InitializationThread));
    initThread.Start();
}

public void InitializationThread()
{
    outputMessage("Initializing...");
    //DO INITIALIZATION
    outputMessage("Initialization Complete");
}

BackgroundWorkerと、長いタスクを実行するためのスレッドを作成しなくてもアプリケーションの応答性を維持する方法についての記事をいくつか読んだことがありますが、実装しようとして成功していません。 BackgroundWorkerを使用してこれを行う方法を誰かが教えてくれますか?

回答

Andrew Orsich picture
2011年03月30日
321
  1. を使用して追加
using System.ComponentModel;
  1. バックグラウンドワーカーを宣言する:
private readonly BackgroundWorker worker = new BackgroundWorker();
  1. イベントを購読する:
worker.DoWork += worker_DoWork;
worker.RunWorkerCompleted += worker_RunWorkerCompleted;
  1. 2つのメソッドを実装します。
private void worker_DoWork(object sender, DoWorkEventArgs e)
{
  // run all background tasks here
}

private void worker_RunWorkerCompleted(object sender, 
                                           RunWorkerCompletedEventArgs e)
{
  //update ui once worker complete his work
}
  1. 必要なときにいつでもworkerasyncを実行します。
worker.RunWorkerAsync();
  1. 進捗状況の追跡(オプションですが、多くの場合便利です)

    a) ProgressChangedイベントにサブスクライブし、 DoWork ReportProgress(Int32)を使用します

    b) worker.WorkerReportsProgress = true; (@zagyへのクレジット)

Owen Johnson picture
2014年06月03日
37

バックグラウンドワーカーの代わりにTaskを使用することも検討することをお勧めします。

これを行う最も簡単な方法は、例ではTask.Run(InitializationThread);です。

バックグラウンドワーカーの代わりにタスクを使用することには、いくつかの利点があります。 たとえば、.net4.5の新しいasync / await機能は、スレッド化にTaskを使用します。 Task https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/api/system.threading.tasks.taskに関するいくつかのドキュメントがあり

Gul Md Ershad picture
2015年05月31日
14
using System;  
using System.ComponentModel;   
using System.Threading;    
namespace BackGroundWorkerExample  
{   
    class Program  
    {  
        private static BackgroundWorker backgroundWorker;  

        static void Main(string[] args)  
        {  
            backgroundWorker = new BackgroundWorker  
            {  
                WorkerReportsProgress = true,  
                WorkerSupportsCancellation = true  
            };  

            backgroundWorker.DoWork += backgroundWorker_DoWork;  
            //For the display of operation progress to UI.    
            backgroundWorker.ProgressChanged += backgroundWorker_ProgressChanged;  
            //After the completation of operation.    
            backgroundWorker.RunWorkerCompleted += backgroundWorker_RunWorkerCompleted;  
            backgroundWorker.RunWorkerAsync("Press Enter in the next 5 seconds to Cancel operation:");  

            Console.ReadLine();  

            if (backgroundWorker.IsBusy)  
            { 
                backgroundWorker.CancelAsync();  
                Console.ReadLine();  
            }  
        }  

        static void backgroundWorker_DoWork(object sender, DoWorkEventArgs e)  
        {  
            for (int i = 0; i < 200; i++)  
            {  
                if (backgroundWorker.CancellationPending)  
                {  
                    e.Cancel = true;  
                    return;  
                }  

                backgroundWorker.ReportProgress(i);  
                Thread.Sleep(1000);  
                e.Result = 1000;  
            }  
        }  

        static void backgroundWorker_ProgressChanged(object sender, ProgressChangedEventArgs e)  
        {  
            Console.WriteLine("Completed" + e.ProgressPercentage + "%");  
        }  

        static void backgroundWorker_RunWorkerCompleted(object sender, RunWorkerCompletedEventArgs e)  
        {  

            if (e.Cancelled)  
            {  
                Console.WriteLine("Operation Cancelled");  
            }  
            else if (e.Error != null)  
            {  
                Console.WriteLine("Error in Process :" + e.Error);  
            }  
            else  
            {  
                Console.WriteLine("Operation Completed :" + e.Result);  
            }  
        }  
    }  
} 

また、以下のリンクを参照すると、 Background概念を理解できます。

http://www.c-sharpcorner.com/UploadFile/1c8574/threads-in-wpf/

lko picture
2013年09月24日
3

これ( WPFマルチスレッド:BackgroundWorkerの使用とUIへの進行状況のレポート。リンク)には、@ Andrewの回答から欠落している残りの詳細が含まれていることがわかりました。

私が非常に便利だと思ったのは、ワーカースレッドが(独自のメソッドで)MainWindowのコントロールにアクセスできなかったことですが、メインウィンドウのイベントハンドラー内でデリゲートを使用すると可能でした。

worker.RunWorkerCompleted += delegate(object s, RunWorkerCompletedEventArgs args)
{
    pd.Close();
    // Get a result from the asynchronous worker
    T t = (t)args.Result
    this.ExampleControl.Text = t.BlaBla;
};